Artist マンボ・レジェンズ・オーケストラ
Title ワッチ・アウト・テン・クイダード
品番 UM132
CD情報 2010年(輸入盤/Mambo Legends )
ジャンル ビッグバンド・マンボ
価格 2150円(税込み)

     (収録曲)
CD1.
  1. Canela Bella
  2. ♪Funny
  3. Conmigo, Candela Brava
  4. Rareza Del Siglo
  5. Donde Va Maria
  6. Vamos Pa'l Guateque
  7. ♪Para Todo El Mundo Rumba
  8. Interlude 1
CD2.
  1. ♪Vamos, Hablame Ahora
  2. La Manguera
  3. Watch Out!
  4. ♪Se Te Fue La Mano
  5. El Luto De La Tinosa
  6. Interlude 2
  7. Me Dejaste Sin Nada
  8. Birdland
NYラテン最強のメンバーで結成された話題の新オルケスタ!その1st作は半世紀前のマンボ全盛期のサウンド、空気感を見事に再現した重厚なマンボ〜NYサルサです! 
50〜60年代に全盛期を迎えた”マンボ”は、70年代以降のサルサブームの影に隠れて脚光を浴びることも少なくなっていましたが、ここ数年ダンス方面からの盛り上がりもあり、当時のビッグバンド・マンボを再現するかのようなグループがいくつか登場しています。 中でも代表的なのが当店でも大人気の「ラテン・ジャイアンツ」。 このラテン・ジャイアンツをベースにさらに新メンバーが加わり出来たのが、こちら「マンボ・レジェンズ・オーケストラ」です! ホセ・マデーラ(timbales)、ジョージ・デルガード(conga)、ソニー・ブラーヴォ(piano)といったラテン音楽界の重鎮たち、サックス、トランペット、トロンボーン総勢10名以上からなるホーン・セクションにはミッチー・フローマン、ジミー・ボッシュといったソロでも充分にいける大物も! またメインボーカルにはNYサルサ最高の実力者フランキー・バスケスが! さらにスパニッシュ・ハーレムのマルコ・ベルヌーデスや女性ボーカルのシータ・ロドリーゲス等もリード・ボーカルを担当。 このすご過ぎるメンバーでマンボ全盛期の熱いエネルギーを現代に再現しています! 重厚で色気のあるブラス・アンサンブル、熟練のリズム・セクション、そしてフランキー・バスケスのボーカル・・・いや〜渋い! ここ数年のラテン音楽シーンでも最高峰といえる作品です。 全曲ちょうど良いテンポでダンスにもバッチリ! NYサルサ、マンボがお好きな方はマストな1枚です!

お薦めマンボ/ビッグバンドの特集ページはこちらです。