Artist Ralph Irizarry & Los Viejos / ラルフ・イリザリー
Title Viejos Pero Sabrosos / ビエッホス・ペロ・サブロッソス
品番 UR107
CD情報 2012年(輸入盤/BKS Records)
ジャンル サルサ
価格 1700円(税込み)

     (収録曲)
  1. ♪La Cima del Ritmo
  2. Fiestas de los Adultos
  3. Los Viejos
  4. ♪Se Goza Con Mi Cha Cha Cha
  5. Despues De Los 20
  6. Reunion Celestial
  7. ♪Alma Llanera
  8. Como El Vino
  9. ♪La Clave
  10. Un Loco Con Una Moto
  11. Pienso En Ti
  12. ♪Al Tambor
サルサ通の間で影の実力者として知られるティンバレス奏者、ラルフ・イリザリーの新作がすごい! オスカル・エルナンデス(Spanish Harlem Orchestraリーダー)と並びルベン・ブラーデス楽団の主要メンバーとして長年に渡り活動しているラルフ・イリザリーが、レイナルド・ホルヘ(tb)、リッキー・ゴンサレス(p)、ルベン・ロドリゲス(b)・・・など最強メンバーを揃えオルケスタを結成、その新作です。以前にも何枚かリーダー作を出していますが、今回は今まででも最高の出来と言える素晴らしい内容!1曲目から勢いのあるサウンドで飛ばしまくり、サルサ創世記のような熱いラテン魂、圧倒的なノリを感じさせる作品となっています。
この熱いサウンドにスパイスと味わいを加えているのが、マーシャル・イストゥリス(バイラティーノの看板歌手)、ホセ・マングアルJr.といった個性派のボーカル。4曲目のチャチャチャも含め全曲ダンサブルにアレンジされていますので踊って楽しみたい方、DJさんにも最高の内容でしょう! 
今年はサルサの当たり年で良い作品が沢山リリースされていますが、本作はその中でも最高峰に位置する作品!お薦めです。


<大阪 クラッカー・中井さん>
「ラルフ・イリザリーが熱いです。ジャケット写真とviejo pero sabrosoのタイトルだけを見ていると沸騰しているやかんを素手でつかんで大やけどするようなものですよ。マングアルJr.はボンゴ奏者兼アレンジャーだと思っていましたが唄もなかなかのものですね。紹介記事にいつわりなし!サルサの当たり年であること間違いなしの今年の上半期のなかでも最高峰に位置します。またラテン音楽布教のネタがひとつ増えました!余談ですが布教には短めの曲が適しています。「とにかく騙されたと思って1曲だけ聴いてくれ」ここからスタートですからね(笑)」